住宅設計で結露にもっと気をつけていれば

冬シーズンが到来すると、「新築一戸建ては、もっとこうしておけば良かったー」と、思うことがあります。それは「結露」の問題です。わが家は注文住宅で新築一戸建て住宅を建てていますが、とにかく結露がひどくって。冬場で屋外との寒暖の差がとくに激しい日なんかは、朝起きたら窓ガラスに水滴がビッシリついていますからね。

もう一つ情報を出しますと、わが家は高断熱高気密住宅なんです。断熱材をしっかりと入れて、24時間換気にしています。ですから室内の温度は快適に保ちやすくなっているのです。そしてだからこそ屋外との温度差が激しく、そして結露へとなるのですよね。

でも、知り合いの奥様によると「もっと換気すれば結露なくなるよ」ということで。確かに、換気を心がけたら、とくに結露しやすい北側の部屋は幾分換気されました。でも、もっと根本的なところでやりようがあるように思うのです。しかし、工務店に相談をしても「ファンつけますか」という、なんだかなーという回答でした。見た目が変わるのはいただけなくって、ファンをつけることは了承していません。